お役立ち情報

身体にも環境にも優しい自然素材リフォーム

近年人気の自然素材を使用したリフォーム。
使用する素材によって、住まいのイメージや住み心地は大きく変わってきますが、今回は自然素材リフォームの魅力をご紹介いたします。

そもそも自然素材とは?

自然素材リフォームは、その名の通り自然素材を使ったリフォームです。
自然素材は、天然素材とも言われ人工的につくられた物質を使用していない素材のことです。

代表的な自然素材の建材は、
・無垢フローリング
天然木をそのまま一枚板にした無垢材を使用します。
素材は大きく、広葉樹系のナラ、チーク、チェリーなど、針葉樹系の杉、檜、パインなどに分けられます。
どちらも木の良い香りを感じることができ、リラックス効果が期待できます。
また暑い季節には湿気を吸収し、寒い季節には湿気を放出する調湿効果も優秀です。

・畳
実は畳も自然素材の一つです。
井草独特の香りやさらさらとした触り心地が特徴で、どこか一室は畳を敷いた和室にしたいとお思いの方もおられるのではないでしょうか?
畳は吸湿性と断熱性に優れ高温多湿の日本に最適な床材の一つです。

・天然石
大理石や石灰岩などの天然石は重厚感がありエレガントな雰囲気をつくることができます。
石は熱を保ちにくいため触れると冷たく感じますが、床暖房も併せて備えておけば寒さが厳しい冬場も安心です。

・珪藻土
珪藻土とは、藻類の一種である珪藻が石灰化したものです。
スポンジのように小さな穴がたくさん開いており、この穴が空気中の水分を自動で調節し、快適な湿度を保ちます。
また珪藻土には脱臭効果もあります。

・漆喰
石灰水が原料である漆喰はアルカリ性であることからカビが発生しにくく、湿気がこもりやすい場所に多く使用されます。

自然素材リフォームの魅力

自然素材を使用したリフォーム、その最大の魅力は自然素材ならではのぬくもりを肌で感じられることです。
また人口素材はの場合は完成時から年数が経てば経つほど劣化していくものがほとんどですが、自然素材は使い込むほどに味わいが出てきます。
さらに自然素材は廃棄した後は、分解されて土に還るため、地球にやさしいといわれています。
そして自然素材は「吸放湿性能」が優れているため、冷暖房費を抑えることができ、二酸化炭素排出を抑えることにも繋がります。

また化学物質を使った建材は「シックハウス症候群」を引き起こすおそれもあります。
しかし、自然素材ならその心配もありません。
これらの理由から、自然素材リフォームは身体にも環境にも優しいといわれています。